モードとミュージックを融合させた『メゾン・キツネ』 / ブランドストーリー

1aff964dcc241097fbabd34a7eeefb1e

『MAISON KITSUNÉ(メゾン・キツネ)』

最近では、SNSで見ない日はないと言っていいほどファッショニスタ愛用者が多いネーム。
日本人とフランス人、ファッション未経験者だった二人が作り上げていったブランドを紹介しよう

二人のクリエイティブ・ディレクター


写真右、『マサヤ』こと『黒木理也』はファッション・ディレクター。建築関係出身者。幼いころに日本からフランスに渡り、両国の文化と生活を大切にしている。

写真左、『ジルダ』こと『ジルダ・ロアエック』は音楽をメインで担当。フランスのトップアーティスト『ダフト・パンク』のマネージャー出身。DJとして世界中のVIPが大きなパーティーでプレイしている。

『マサヤ』はアジアサイド、『ジルダ』はヨーロッパ方面にフォーカスしてはいるが、ビジネスの運営はふたりでやっていて、細かな業務を分担しているわけではない。二人の持つモードと音楽への情熱が合わさって『MAISON KITSUNÉ(メゾン・キツネ)』の基盤となっているのだ。

出典:http://www.fashionsnap.com/inside/maisonkitsune-interview/

ブランドの軌跡


2001年、『KITSUNÉ』としての活動をウェアの制作からスタート。作ったスウェットがA.P.C.の店舗で取り扱われ、注目を集め始める。

2002年、音楽レーベル開始。『KITSUNE MIDNIGHT』など有名アーティストが参加するコンピレーション・アルバムを大ヒットさせ、ディスコ・パンク、フレンチ・エレクトロを流行らせ、2005年にはコレクションをパリで発表。

2008年には、活動本拠地であるパリのパレロワイヤルに初の路面店をオープンし、 2011年秋冬シーズンより、ファッションブランドと音楽レーベルの活動を分け、ブランド名を『MAISON KITSUNÉ』に改新。同時にレディースのコレクションを本格的にスタートした。

2013年には、ファッション、ミュージックに加え『KITSUNÉ』の日常空間を広げるために、『Café Kitsuné』が誕生。上質なコーヒーとフランスらしいサブレを日々提供している。

メゾン・キツネのコンセプト


ブランド名内の『キツネ』はもちろん日本語の『狐』を意味している。多数の顔を持つ神様としての古くからの伝えや、様々なものに変化する様がそのままブランドコンセプトとなった。『ニュークラッシック』という概念を背景にカラー、プリント、マテリアルの融合にこだわり、タイムレスなコレクションを生み出している。また、唯一無二の『savoir-faire』、世界に一つしかないノウハウを持って服作りに取り組んでいる。着心地と無駄のないシンプルさを追求しつつ、トラディショナルとモダン、シックとレイドバックのバランスを絶妙に保っている点も人気の秘訣だろう。

ロゴグラフィックTシャツとスウェットの人気


キツネシルエットのロゴが刺繍されたアイテム意外にも人気なのが、ロゴグラフィックTシャツやスウェット。ひと目で、『KITSUNÉ』ブランドだとわかる幾つかの定番フレーズがプリントされている。

出典:https://scontent.cdninstagram.com/hphotos-xaf1/t51.2885-15/s640x640/sh0.08/e35/10009345_1188197891193583_1305566727_n.jpg

一見同じように見えるが、ワーディングやシルエットが工夫されている。例えば、「パリっ子」という意味のフレーズが書かれたアイテムは、男性用は『Parisien」(パリジャン)』、女性用は『Parisienne(パリジェンヌ)』とフランス語文法に合わせて工夫されている。白、黒、紺は一年中販売している定番アイテムとなりつつあり、キツネファンなら一枚は必ず持っているだろう。また、シーズンごとに登場する限定カラーも見逃せない。

豪華なコラボレーション


ファッションラインの始動後、すぐにその実力が認められ、『マルタン・マルジェラ』などのビッグメゾンとコラボレーションを果たし、次から次へと改な豪華コラボレーションアイテムを夜に送り出している。

特に2015年の人気化粧品ブランド『シュウウエムラ』とのコラボレーションは販初日に大行列ができるほどの人気を誇った。キツネロゴ入りの化粧ポーチやトートバッグはもちろん、ファンデーションやアイラインなどのベーシックなメイクアップアイテムから『KITSUNÉ』らしいフランスの三色旗のカラーをアクセントにしたつけまつげなど、幅広いラインを展開。

出典:http://jonny.tokyo/wp-content/uploads/2015/11/shu-j-1024x621.jpg

男女問わず、愛用者が増加中の『MAISON KITSUNÉ』。

パリと東京のカルチャーを融合させた、気張りすぎていない、余裕感のあるおしゃれがファッショニスタの心を掴んだのだろう。

新しいシリーズの展開や、今後のコラボレーションにも注目だ。

Sahola

この記事を書いたユーザー

FUKROO 編集部

FUKROOはファッションに特化したソーシャルキュレーションメディア