前回と同じテーマのもと、今回は違った側面を表現します。/ ETHOSENSデザイナー 橋本唯

Eto 1


東京コレクション直前デザイナーインタビュー 第6弾 −ETHOSENS(エトセンス)−

前回のショーでは、会場、モデル、生地の編み方などの様々な要素で「交わる線」を表現した。



ーー今回の「テーマ」は何ですか?

「LINE of intersection (交わる線)」

あらゆるもの、こと、は複数の要素が交わることで存在し、そして、交わること で更新されてゆく。


ーー今回のインスピレーション源は何ですか?

日常の生活のすべてがインスピレーション源になっています。前回と同じテーマですが、エトセンスは通年で1つのテーマを深く掘り下げています。


ーーショーの見どころを教えてください。

全ての要素が1つに交わり、新しいものが生まれる瞬間を感じていただきたいです。


ーーショーに向けて意気込みをお願いします。

2回目のランウェイショーになります。デビューショーと同じテーマのもと、今回は違った側面を表現しますのでよろしくお願いします。

渋谷には、2011年にオープンさせたブランド初のフラッグシップショップ「ETHOSENS of white sauce」を構える。(出展:http://www.ethosens.com)

 

ETHOSENS(エトセンス)
2007年ブランド設立。デザイナーは橋本唯。ブランド名の由来は、特質や習慣という意味合いを持つ「ETHOS」というギリシャ語と、感覚を意味する英語の「SENSE」を融合させた造語。設立から東京にてコレクションを発表する他、2015年6月にはパリにて単独の展示会を実施。今後は、海外展開の他にもレディースコレクションの発表も視野に入れている。

ETHOSENS Official Site
http://www.ethosens.com
 

FUKROOのアプリを
今すぐ無料でダウンロード!

Loading...

Loading...

Loading...