アプリをDL

自身のブランドの認知度を高めるためには、どうすべきか

2016/12/08 21:00

ファッションビジネスの基礎のひとつとして、BOF(Business of fashion.com)のライターImran Amed(イムラン・アメッド)は、駆け出しのファッションの起業家が、自身のブランドの認知度を高めるためにどうすべきかを説明している。

 

ブランドの認知度を高めるに。

 
クリエイティブディレクターとして、あなたはまずマーケティングミックス(プロダクト、プライス、プレース、プロモーション)をあらゆる視点で監督する事となるだろう。

ブランドのプロダクトのデザイン、開発をする人間は、同時に広告キャンペーンやブランドコミュニケーションにおいても責任を問われる事となるのだ。

では、そんなあなたにとって、ブランドの認知度を高めるために必要な事をご紹介しよう。
 



 

カスタマーを知る


デザイナーは、コレクションの成長を支えてくれる顧客やファンをずっとつけておくべきだ。

そのためには、彼らのライフスタイル、予算、そして彼らにとって何が大切なのかを考える必要がある。

これらを全て理解すれば、顧客とのコミュニケーションがとれ、ブランドの認知度を高める事に繋げる事ができる。

 

ブランドストーリー


ブランドストーリーとは、人々があなたのブランドを考える時に話すものだ。

何故このブランドが存在するのか、誕生したいきさつをまとめる役割があり、プロダクトが市場においてどう個性的であるのか、差別化する事ができる。人々はその何に対してもストーリーを求める。

ブランドに背景があればあるほど、それは強みとなるはずだ。



 

マーケティングミックス、“4P”


マーケティングミックスとは、企業が製品を販売する際に考えるマーケティング要素の組み合わせを意味していて、その要素とは“4P”と総称されている。

ブランドの認知を高めるためには、絶対的に考える必要があるものだ。具体的に4Pとは何かという事に関して触れていこう。
 

1.プロダクト

プロダクトは、あなたが提供する製品、またはサービスだ。ファッション業界にはあらゆるプロダクトが存在する。あなたのブランドは、もしかしたら靴ブランド、またはイブニングドレスブランド、あるいはスポーツウェアブランドとして知られる事になるかもしれない。自分のブランドが一体何を売っているのか(売って行きたいのか)を明確にしよう。
 

2.プライス

価格は、市場におけるあなたのブランドの位置づけに影響するだろう。そして一体どこがあなたの競合となるのか決定づける。また、自身のブランドのプロダクトに使用する生地や材料の品質も、この価格設定次第で変わっていくだろう。 

 

3.プレイス

顧客にプロダクトを販売する場所だ。ターゲット顧客層が、自身のブランドを手にとりやすい場所にオリジナルショップ、またはプロダクトを置いておくセレクトショップを位置させておく必要がある。


4.プロモーション

プロモーションには、最近のソーシャルメディア上のものから、従来のものまで、全てのメディアプロモーションを指している。今日においては、特にウェブサイトを持つなど、デジタル向けのアプローチが不可欠だ。



 

広告


広告は、到達範囲によって大衆向けにブランドの認知度を高め、より多くの顧客とつながる事ができる。

しかしながら、テレビCMや雑誌などに広告を出すことは時にハイコストであり、負担が大きい。

ブランドイメージがコントロールしやすいのは、今は圧倒的にオンラインだろう。

 

広報


例えば新商品の告知であったり、あなたが何かをシェアしたい時、多種な広報活動を上手くやることが、自社ブランディングのキーともなる。

それには、プレス、特に自社のプロダクトや自分の行っている事に興味を持っている者と良い関係を築いておくべきなのだ。



 

ソーシャルメディア


ソーシャルメディアは、あなたのブランドの認知度を構築するための強力かつ手頃な手段だ。

あらゆるSNSプラットフォームに参加しておく事は、ターゲットとなる顧客とつながるために重要である。ただ、わかっていてほしいのは、ソーシャルアカウントにコンテンツを提供することや、それをマネージメントするのは、時間がかかる。

なので、恐らくまず最初は2つくらいのソーシャルメディアに絞って取りかかるといい。

特にファッション関連が強いSNSは、まずインスタグラム、そしてフェイスブックだ。



ブランドの認知を広めていく方法。特にソーシャルメディアアカウントをまだ開設していないという方は、是非今からはじめてみてもいいはずだ。