帽子デザイナー『大畑ありさ』の挑戦。 -最終話- / U-29クリエイターズファイル

1481260578



連載企画「U-29クリエイターズファイル」-最終話- 

各方面において自身のクリエイションを発信する20代の若きクリエイター達を紹介する企画。

若くして活躍するクリエイター達は何に影響を受け、これからどんな未来を見据えているのだろうかか。その真相とクリエイションの源泉に迫る。

今回ご紹介するのは、現在26歳。国内発の帽子ブランド『SARIA FEMME(サリア フェム) 』
『Maison Couleur(メゾン クルール) 』のデザイナーであり、その運営会社『株式会社SARIATOKYO』の代表を務める経営者でもある、『大畑ありさ』氏だ。
 
※第一話はこちら

※第二話はこちら
 

『SARIA FEMME(サリア フェム) 』
『Maison Couleur(メゾン クルール)』

2016年にデビューした帽子ブランド。2つのブランドにはそれぞれ大きなコンセプトがある。 『SARIA FEMME』のブランド名は、デザイナー大畑ありさの名前を逆にした「SARIA」と名付け、自分が理想とする『芯をしっかり持っていて力強く自由に生きる女性』を意味している。商品は、永く愛用できるよう細部までこだわり、全て職人さんのハンドメイドで既製品にはない贅沢な仕上がりとなっている。『 Maison Couleur』は、フランス語で『色の家』を意味し、年齢・性別関係なく色んな人々が自分に合ったハットを見つける「宝探し」の様な思いが込められている。セミオーダー式で、オリジナルの型・デザイン・素材・リボンの色を選ぶことができる。


 

憧れの女性像をブランドに投影。


実際、帽子ブランドを立ち上げると決めて、最初の展示会をするまでにも、半年くらいかかりました。

工場もそうですし、付属の倉庫とかも「得体がしれない」という感じで断られましたね。やっぱり個人だと信用もなくて、ちゃんとやらないとってことで、会社も登記して準備を進めていきました。

そして、まず最初に立ち上げたブランドが『SARIA FEMME(サリア フェム) 』でした。



私が憧れている女性像って『芯があって、だけど柔軟な女性』なんですけど、一番最初に作った帽子が、その理想な女性像が帽子に形を変えたようなものだったんです。

柔らかくて被り心地がいいのに、シルエットがしっかりしていて。

なので、自分の理想とする女性を、私の『ありさ』という名前を逆にした『SARIA』と名付け、私とは正反対の力強く生きる理想の女性像を、帽子を通して表していこうと思いう思いと、そこに女性らしさを加える形で、『SARIA FEMME(サリア フェム) 』としました。フェムはフランス語で女性という意味なんです。

『Maison Couleur(メゾン クルール)』はその後に誕生しました。帽子を被った事がない人にも被ってほしくてキッズからメンズまで色んな人に合わせられるようにって作ったブランドです。


 

帽子を通して、新しい価値を生み出していきたい


ブランドを立ち上げたからには、他でできない事をいっぱいしたいです。

今までは、ブランドもできたばかりで、展示会やイベントをすることに必死でしたが、次はここにしかないオリジナルの要素を作っていこうと思っています。

木型を一から作ったり、帽体(ぼうたい)自体を『メイドインジャパン』として作ったり、今まで誰も作らなかったものを作りたいと思います。

それに、私がお気にりの帽子を見つけるまで知ろうとも思わなかった帽子の世界を、ブランドを通してもっといろんな人に伝えていきたいですね。

工場の少なさや、木型を作っているおじいちゃんも一人くらいしかいないことや、帽子の色を染められる人も数少ないことなど、日本の帽子産業が終わってしまうという危機感を感じていて、まだまだ盛り上げていくためにも、帽子が好きな人はもちろん、そうでない人にも、帽子の素晴らしさや価値を知ってもらいたいなと思います。

やっぱり知ることで、絶対に帽子に興味をもってくれると思うんです。私がそうだったように。

そして、アパレル出身だからこそできるデザインや、他とは違う新しいアプローチで、帽子業界をどんどん盛り上げていきたいなと思っています。

いつかはショー形式のコレクションで新作を発表したり、木型から全部自社で揃え、一から自社で生産できる体制を整えたり、そういう事もやっていきたいですね。



 

女だからなんて気にしない。ゴールがないことを楽みたい。


私って、才能があるわけでなくて、ただ勢いしかないんです。

なので、そんな私でもできたから他にもやる気のある女性や、やりたいことがある人にはどんどんチャレンジして頑張ってほしいです。

よくいただくんですよ、私も何かやりたいっていうようなメッセージを。

私が教えられることは、何でも教えるし、答えられる事ならなんでも答えるから、是非チャレンジしてほしいです。

女だからとかで叩かれることってあるじゃないですか。私も22歳でブランドをもったときも色々言わたんですよ。凄く悔しかったんですよね。

でも、それをいちいち考えるのも、成長を止める意味のない事だと思うので、そういうのを気にしないような強い人になってほしいです。

世の中には、私なんかより頑張ってる人はたくさんいるし、私の周りにも若くして事業をしている人が多いので、自分を周りと比べるとまだまだ全然だなって思います。でも負けたくないですね。

そうやって常に上をめざして、ゴールがない事を楽しめることができるようになったら、人生楽しめそうだなって思いますね。


 

イベント情報

ホリデーマーケット
SARIA FEMME:Maison Couleur
12月14日(水)〜25日(日)
@銀座三越
東京都中央区銀座4-6-16
銀座三越4階
グローバルメッセージ



FUKROOのアプリを
今すぐ無料でダウンロード!

Loading...

Loading...

Loading...