プラスチックトーキョー『今崎契助』の内に秘めた闘志 -第2話- / 5W1HF

1482115100

連載企画「5W1HF」


既存の常識に囚われず、独自の視点と感性で常に新しいものを作り続け、世界で活躍するクリエイターの深部に迫るこの企画。

第2回目となる今回は、現在33歳でPLASTICTOKYO(プラスチックトーキョー)デザイナーである今崎契助氏に話を伺った。

第1話の記事はこちら
 

PLASTICTOKYO(プラスチックトーキョー)
2013年春夏より本格的にブランド活動を開始。様々な物事がノールール、ノーコンセプトにレイヤー化され混在する現代の東京を強く意識した東京ブランド。あらゆる物質や情報がデータ化される中、衣服の物質性にフォーカスし視覚に訴えかける最先端のデザインを世界に発信する。2016年春夏より東京コレクションに参加し、同年に第10回『DHL デザイナーアワード』、毎日ファッション大賞の『新人賞・資生堂奨励賞』を受賞。http://plastictokyo.jp


 

ブランド再開時は、慌てずバックボーン作りに専念




ブランドを再開してからも『PLASTISTOKYO』という名前は継続して、まずはブランドのバックボーンを作ることに専念しました。

というのも、例えば「ギャルソンにいた」とか「ヨウジ出身」とかだったらそれがバックボーンになると思うんですけど、自分にはそれが無いなと感じたんです。

なので、その時はわりと東京のストリートを意識して「 PLASTICTOKYOといえば?」というものを作るべく、視覚に訴えるグラフィックをメインに押し出しました。

「派手な柄で、ストリートっぽい感覚が強いブランドだよね」というのを惹きつけたかったんです。
 
ブランド名の由来は、当時からいずれは海外に出したいと思っていたので、ひと目で日本のブランドって分かるようにしたかったことと、70年代後半~80年代に活動していた『プラスチックス』と日本のバンドの歌詞からきています。
 
歌詞には「ニューファッション パリ」「ニューウェーブ ロンドン」とか都市名と単語を羅列していって、最後に「プラスチック トーキョー」という言葉が出てくるんです。

当時、プラスチックという言葉は「新しいもの、カッコいいもの」に対してよく使われていて、あとは感覚的に「表層的、まがい物」という意味合いもあるんです。
 
それに僕も、当時影響を受けてたダウンタウンのシニカルな笑いも好きだったので、その言葉にとても共感して『PLASTICTOKYO』と名付けました。

 

ちょっと変わったデザインの仕方




あと、僕のデザインの仕方は変わっていて独特だと思うんですけど、絵を書くのが最後なんですよ。

まずテーマや予算を決めて、これから作る服の生地や色、柄などを全部箇条書きにして表を作るんです。
 
これがあるとディテールが被っていないかや、全体的に見てブランドらしさが崩れいないかなどがひと目で分かりますし、1人でやっている分、自分を俯瞰して見れないので一度自分の考えを文章化してアプローチしていかないとダメかなっていう考えでやり始めました。
 
それに、自分の作った服について聞かれた時に答えられないのが嫌なので、これがあると土台がちゃんとあるので迷わないしいくらでも説明できます。

これは1人でやってないと開発できなかったですね。

 

PLASTICTOKYOがショーをやる理由


 

2016年春夏シーズンから東京コレクションに参加し始めたんですけど、そのきっかけと言うのは、もっと色んな人に見てもらいたい、競合を変えたいみたいな想いがありました。
 
今までストリートメインだったものを一旦リセットし、バックボーン化してそれをベースにさらにステップアップしていく、というような成長過程を色んな人に見てもらえる場だと思ったんです。
 
僕は、ブランドの服作りというのは自分のストーリーと捉えていて、常に成長している姿を魅せないと人から共感されないと感じています。
 
ショーをやる上で、ブランドがどのように成長して世界に出ていくのかという過程を魅せれると、見てくれた人に「成長しているな」って捉えてもらえるなということを意識して毎シーズンのショーに臨んでいます。
 
なので、最初の2016年春夏は、ブランドの自己紹介という意味を込めてグラフィックを全面に出しましたが、2016年秋冬は、そのグラフィックを抑えて別の価値観に重きを置いて、パターンや素材ミックスを打ち出しました。

そして、今回の2017年春夏は、今まであえて削ぎ落としていたジャケットスタイルを全面に打ち出して「こんなこともできるんだ」という姿勢をブランドとして魅せています。
 
僕自身も、1つのイメージに縛られたくないという気持ちがあるので、どんどん手数を増やしてブランドの新たな価値観を生み出せたらなと思っています。


明日に続く
 



FUKROOのアプリを
今すぐ無料でダウンロード!

Loading...

Loading...

Loading...