2018年秋冬コレクション、歴史に残るショー10選

1520451312

2018年3月6日に閉幕した2018-19年秋冬コレクション。

ファッションメディアのビジネスオブファッションは、今回のファッションウィークで話題を呼んだショー10選を発表した。
 

1.Undercover(アンダーカバー)


https://www.businessoffashion.com/articles/fashion-show-review/the-top-10-shows-of-autumnwinter-2018


人間がAIに支配される世界を描いたSF映画『2001年宇宙の旅』からインスパイアされたアンダーカバーのコレクションは、若者たちに深いメッセージを届けた。
 

2.Alexander McQueen(アレキサンダー・マックイーン)


https://www.businessoffashion.com/articles/fashion-show-review/the-top-10-shows-of-autumnwinter-2018


アレキサンダー・マックイーンのショーでは、自然界の持つ繊細さと力強さを女性性と重ね合わせた。
 

3.Sacai (サカイ)


https://www.businessoffashion.com/articles/fashion-show-review/the-top-10-shows-of-autumnwinter-2018


左右で異なる柄のシューズをはじめとしたミスマッチを意図的に取り入れることにより、力強さを表現した。
 

4.Gucci(グッチ)

https://www.businessoffashion.com/articles/fashion-show-review/the-top-10-shows-of-autumnwinter-2018


病院の手術室が再現された空間を舞台に、アレッサンドロ・ミケーレの摩訶不思議な世界観が展開された。
 

5.Calvin Klein (カルバン・クライン)


https://www.businessoffashion.com/articles/fashion-show-review/the-top-10-shows-of-autumnwinter-2018


ラフ・シモンズは会場に一面のポップコーンを敷き詰め、アメリカらしさを全面に押し出したショーを展開した。
 

6.Versace(ヴェルサーチ)


https://www.businessoffashion.com/articles/fashion-show-review/the-top-10-shows-of-autumnwinter-2018


タータンチェックやアフリカのテキスタイルなど、異なる色や柄を合わせたコーディネートが提案された。
 

7.Balenciaga (バレンシアガ)


https://www.businessoffashion.com/articles/fashion-show-review/the-top-10-shows-of-autumnwinter-2018


デムナ・ヴァザリアによるバレンシアガは、もはやヴェトモンらしさを感じさせない新たなブランド像を見出した。
 

8.Erdem (アーデム)


https://www.businessoffashion.com/articles/fashion-show-review/the-top-10-shows-of-autumnwinter-2018


1920年台のブロードウェイスター、アデル・アステアの人生にインスピレーションを得たアーデムのショーは、ブランドの新しい世界観を表現した。
 

9. Loewe(ロエベ)


https://www.businessoffashion.com/articles/fashion-show-review/the-top-10-shows-of-autumnwinter-2018


ジョナサン・アンダーソンが手掛けるロエベのコレクションでは、上質さ溢れるコーディネートが一貫して提案された。
 

10.Coach(コーチ)


https://www.businessoffashion.com/articles/fashion-show-review/the-top-10-shows-of-autumnwinter-2018


セレーナ・ゴメスをはじめとした有名セレブが参列したコーチのコレクションでは、ラグジュアリーさ溢れる綺羅びやかな衣装を身にまとったモデルたちがランウェイに登場した。