世界に挑む。クリスチャンダダ 森川マサノリ氏のダダイズム -2話- 「新連載企画 (5W1HF) 」

1477302796

新連載企画「5W1HF」

既存の常識に囚われず、独自の視点と感性で、常識には囚われず、常に新しいものを作り続け、世界で活躍するクリエイターの深部に迫るこの企画。一人目は「クリスチャンダダ」のデザイナーであり代表でもある森川マサノリ氏だ。

第1話はこちら
 

クリスチャンダダ 森川マサノリ

1984年3月生まれ。大阪の服飾専門学校卒業後上京し、東京のデザイン会社に就職。その後渡英し「CHARLES ANASTASE/シャルル アナスタス」にてアシスタントとして経験を積む。その後帰国し、2010年A/Wより「CHRISTIAN DADA/クリスチャンダダ」をスタート。11A/Wより単独ランウェイ形式にてコレクションを発表。2011年6月に行われたMTV AID JAPAN AWARDのレディ・ガガの衣装を手がけ、紅白インタビューの衣装としても使用される。11A/Wより東京コレクションにてコレクションを発表。2012年4月にはレディ・ガガ世界ツアーの衣装をアルマーニ以外でのデザイナーとして初選出される。2015SSからはパリコレクションを発表している。


イギリスに渡英。アシスタントとしてデザイナーの経験を積む


デザイン会社で働き出して1年くらい経った時に、たまたま友人が渡英する話がありました。

元々、渡英はしたいと思っていたので、このタイミングで自分も渡英しようと思い、仕事を辞めて渡英したんです。

そして、当時ファンだった「シャルル・アナスタス」にアシスタントとして入りました。

「シャルル・アナスタス」は元々はイラストレーターとしても有名で、当時カルバン・クラインの広告キャンペーンに抜擢されたりしていたこともあり存在を知っていました。

彼のコレクションは上品さの中にファンタジーを感じさせる服が多く、「不思議の国のアリス」など童話がテーマで、子供服を拡大パターンにして大人に着せるようなデザインでした。

彼の元では約2年ほどアシスタントとしてスキルを磨きました。

そこでの経験は技術的なこともそうなのですが、一番学んだのは日本とは違うファッションに対する「感覚」でした。

日本の服は縫製にこだわり、細部まで「完璧」を追求するものが多いのですが、そこが違いました。

見た目や美的にこだわり、あえて「完璧」を気にしない。逆に汚いくらいの方がいいというスタンス。

「完璧」な物だけが美しいわけでなく、「完璧」じゃないものの美しさというものを学んだ気がします。

今の「CHRISTIAN DADA / クリスチャンダダ」の名前の由来はシャルル・アナスタスで学んだ事が大きく影響しているんです。

 



 

26歳で「CHRISTIAN DADA / クリスチャンダダ」を創業。


シャルル・アナスタスで約2年ほど、アシスタントとしての経験を積み日本へ帰国。

26歳の時、自身のブランドを立ち上げました。

クリスチャンディオールなどメゾンコードとしてもよく使われる「クリスチャン」。

そして、そこへのリスペクトと、挑戦の意味を込めて、アートカルチャーでもあり、破壊や否定を意味する「ダダイズム」を合わせて、「CHRISTIAN DADA / クリスチャンダダ」と言う名前でブランドをスタートしました。

最初は軍物や古着をリメイクして販売することから始まり、1年半後から東京コレクションで発表を始めました。

中でも一番ダダの知名度が上がったのは、やはりレディ・ガガの衣装を手がけた時からです。

ブランドを初めて1年半くらいの時でした。

KISSや荒木経惟さんとのとコラボレーションなど、他のブランドがやったことのない事を常に意識していました。

そして、2015S/Sからパリにコレクションの場を移し、ブランドを拡大してきました。






最終話はこちら


第1話はこちら






「クリスチャンダダ」直近のイベントスケジュール

■HELLO KITTY MEN x WWD x SEIBU SOGO 

西武渋谷10月18日(火)ー 31日(月)
A館1階=プロモーションスペース、B館4階=メンズクリエーター売り場
そごう横浜店11月18日(火)ー 21日(月)
5階=紳士用品雑貨売り場
https://www.sogo-seibu.jp/hellokittymen/



FUKROOのアプリを
今すぐ無料でダウンロード!

Loading...

Loading...

Loading...