アプリをDL

【London FW Men / 17-18 AW】最注目デザイナーWales Bonner(ウォールス・ボナー)。着想源はセネガルのストリートスタイル

2017/01/12 03:00


昨年LVMHで新人賞を受賞し、ファッション業界で最も高額な支援金約3600万円を獲得したWales Bonner(ウォールス・ボナー)がショーを開催した。多彩な人種の血を持つ彼女のデザインは、人種も性別の境も超越しながら、最高級のラグジュアリーにアプローチする。

昨年、自身のルーツでもあるセネガルに訪れ、そこで見たセネガル人のストリートスタイルから着想を得た。
 

美しくテイラーリングされたスーツをエフォートレスに仕上げ、ブリーチ加工の入ったヴェルヴェットのダブレットは一見で素材のクオリティの高さが分かる。

マサイのビーズを使って装飾を施したというシルク素材のロングスリーブシャツや、Manolo Blahnik(マノロ・ブラニク)とのコラボレーションで制作されたアフリカンサンダルなど女性に人気が出そうなアイテムも登場した。
 

数多くの新人デザイナーが毎年世界中から輩出されるが、その中で埋もれずに自分の色を表現できる者は少ない。それはデザインの良さや技術の高さだけではない、ブランドの核となるアイデンティティが最も重要なためかもしれないとWalesは教えてくれる。彼女の色が世界をどれだけ染めていくのか、楽しみだ。

 

Wales Bonner