アプリをDL

【London FW Men / 17-18 AW】性別の境界線を曖昧に、自由に楽しむファッション Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)

2017/01/12 05:10


メンズ17-18FWロンドンファッションフィークの最後を飾ったのは、Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)。今季はメンズとウィメンズを同時に発表した。

コレクションテーマを“ECOTRICITY”と題し、イラストを交えたVivienne手書きのメッセージがコレクションノートに記されたていた。「地球に良いことは経済にも良い、地球に悪いことは経済にも悪い」というメッセージとともに、地球温暖化問題を提起した。
 

登場する女性と男性は互いの服を交換してユニセックスを楽しむ。ジャケットとパンツのクラシックなスーツルックはボックス型やパワーショルダーなどワイドなシルエット。前身頃をジグザグにカットオフ、切りっぱなしのスカートなどブランドの強みである独特のカッティング方法は今季も健在だ。

リブニットのセーターをミニスカートに、ジャケットではなくマントを纏うなど、自由で大胆なコーディネートもVivienne Westwoodだからこそ為せる無二の技と言えるだろう。継接ぎしたニットやパッチワークなど、エコを想起させるアイテムも多く登場した。
 

男女の枠組みを取り払い、性別の境界線を曖昧にしたジェンダーレス。

”必要な物だけを買い、賢く選び、長持ちさせる”ために、ブランドとして企業としてVivienne Westwoodが取り組む姿勢、そして私たちが長く豊かにファッションを楽しむ方法を教えてくれたようだ。

 

Vivienne Westwood