【Milan FW Men / 17-18 AW】“愛”を纏ったウェラブルなミリタリー Ports1961(ポーツ1961)

1484405925
ミラノファッションウィークは初日、Ports1961(ポーツ1961)のショーで開幕した。

2015年秋冬コレクションよりメンズウェメンズともに新たなクリエイティブディレクターを迎え、クリエイションに磨きがかかっている印象だ。昨年はロンドンに旗艦店をオープンさせるなど、ビジネスも上向き。

今季のコンクレションのテーマを“Army of Love(愛の軍服)”と銘打って、愛に溢れるショーに仕上げた。
 

スウェットには漢字、英語、アラビア語、フランス語、ロシア語で“愛”の文字をプリント。ブランドのシグネチャーでもあるシャツは、ストライプや裾をカットオフしたデザインが登場し、スリットスリーブのニットのレイヤード、スウェットパンツや縦ラインの入ったジョガーパンツとスタイリングして、スポーティな印象に。
 

空軍服を想起させるコットンキャンバス地のフードのアクセサリーや防弾チョッキ風のベストなど、ミリタリーの要素も強い。

ブラックとホワイトのアイテムの中に、ブルー、オレンジ、レッド、蛍光イエローなどを盛り込みイタリアらしいエナジーをスパイスとして加えた。
 

新しい時代を迎える前の変革期である現代は、音楽で大きなムーブメントを巻き起こした90年代のイギリスと似ていると語るクリエイティブディレクターのMilan Vukmirovich(ミラン・ヴィクミロヴィッチ)。

愛を身につけ明るい未来へと歩み出そうというメッセージが詰まったコレクションとなった。

 

Ports1961



FUKROOのアプリを
今すぐ無料でダウンロード!

Loading...

Loading...

Loading...