ザ・ウールマーク・カンパニーがラフ・シモンズとのパートナーシップを発表

Fn13 raf2017

  Fashion Designer Raf Simons.
PHOTO: Willy Vanderperre.


『ザ・ウールマーク・カンパニー』は、2月にニューヨークで発表する2017秋冬コレクションにおいて、デザイナー、ラフ・シモンズとのパートナーシップ契約の締結を発表した。

このコレクションはManifattura Sesia(マニュファッチュラ・セシア)やOlimpias Group(オリンピア・グループ)などの世界トップクラスの生地や糸メーカーから調達した上質なオーストラリア産メリノウール製のジャージ、織布、ニットにスポットを当ている。

メリノウールは、常にラフ・シモンズのコレクションに欠かせない素材であるため、彼自身以下のように語っている。
 

「メリノウールの革新的な使用法を考え出すために、ザ・ウールマーク・カンパニーがブランドに与えてくれるサポートに感謝します。私はメリノウールが大好きで、自分のコレクションでもよく使っています。ザ・ウールマーク・カンパニーとのパートナーシップにより、最高品質のウールを使って特別な何かを作り出すことは私にとってとても自然なことなのです。」
 


また、ザ・ウールマーク・カンパニーのマネージング・ディレクター、スチュアート・マカラックは
 

「世界でもっとも上質な天然繊維であるメリノウールのグローバル・オーソリティーであるザ・ウールマーク・カンパニーが、現代ファッションにさらなる革新をもたらし続けるデザイナーとパートナーを組むことを誇りに思います。業界でもっともクリエイティブなビジョナリーの1人であるラフ・シモンズとのパートナーシップを通じ、私たちはスーツ市場におけるメリノウールの伝統的な位置付けをはるかに超えて、その際立った多用途性を示すことができます。ラフ・シモンズは彼のアイコニックな作品によって、メリノウールの世界に新たなクリエイティビティ(創造性)をもたらしてくれるでしょう。」


と述べている。
 

今回のパートナーシップは長期にわたるものとなり、ザ・ウールマーク・カンパニーはラフ・シモンズのデザインチームと緊密に協力し、メリノウールのイノベーションと調達におけるサポートを提供していくことになるだろう。


 

【ザ・ウールマーク・カンパニーについて】 

ザ・ウールマーク・カンパニーは羊毛のグローバル・オーソリティーであり、テキスタイル・ファッション業界を網羅した国際的かつ膨大なネットワークを通じて、オーストラリアンウールを「究極の天然繊維であり、ラグジュアリーファッションに欠かせない素材」として位置づけています。

ウールマークのロゴは世界の誰もが認めるブランドのひとつであり、最高品質の証明です。また同時にこのロゴは、牧羊から完成品に至る過程で先駆的・革新的かつ卓越したものづくりが行われたことを意味しています。

ザ・ウールマーク・カンパニーは、非営利法人「オーストラリアン・ウール・イノベーション (AWI)」の子会社です。AWIは24,000以上の牧羊業者の協力を得て、オーストラリアンウールの研究開発とマーケティングに投資し、その世界的なサプライチェーンをサポートしています。

 
 



FUKROOのアプリを
今すぐ無料でダウンロード!

Loading...

Loading...

Loading...