アプリをDL

「東京コレクション 2017S/S」ダイジェストレポート -3日目-

2016/10/19 22:43

10月17日(月)より開幕したファッションの祭典「Amazon Fashion Week TOKYO 2017 S/S」。
3日目は、10回目となる節目のショーとなった「DRESSEDUNDRESSED」、ハンセン病をテーマにした「tenbo」などがコレクションを発表した。

10:30〜 Johan Ku Gold Label(ヨハン・クー ゴールド レーベル)

イギリス映画の“jubilee”からインスピレーションを受け、「英国パンク」をイメージしたコレクションを発表。
象徴的なスタッズやタータンチェックの他にも、写真家のアンドリュー・ペンケスとコラボレーションしたグラフィックプリントが特徴的。

16:00〜 DRESSEDUNDRESSED(ドレスドアンドレスド)

10回目のショーとなった今回のテーマは「COMMUNITY」。ベースとなったスーツや制服などに遊び心を加えた。
ある程度決められた規律の中で着崩すことで、偏りすぎないモード×ストリートを表現。

17:00〜 tenbo(テンボ)

「ハンセン病」をテーマに、ショーを通して“差別・偏見を無くす”という強い意志を込めたコレクションを発表。
ラストには世界初の試みとして、元ハンセン病患者のマキさんがランウェイに登場。その強い意志に応えるように、ショー終了後も観客からの拍手はしばらく鳴り止むことはなかった。

Katsutoshi Onuma