【Paris FW / 17Pre Fall】”固定概念”のユニフォームをVetements(ヴェトモン)流にデフォルメ

1485627654
Vetements(ヴェトモン)が17Pre Fallコレクションを発表した。パリオートクチュールウィークに開催されたショーは、パリの中心地ポンピドゥセンター(展覧会などが行われる文化施設)を会場にした。

巷では未だVetements人気が冷めず、多くのショー会場でVetementsを纏う人を見かけた。
 

テーマは“固定概念“。例えばミラネーゼのルックではファーコートにペンシルスカート、ピンヒールのパンプスにサングラスとグローブといった具合。その他不動産屋、秘書、ナード、ロッカーなどが登場。

ある意味で、世間的に認知される”ユニフォーム”を再解釈したようだった。異様に長いスリーブや垂れ下がったベルト、オーバーサイズ感といったデフォルメされたディテールにVetementsらしさが滲み出る。

”あるある”や”いるいる”と共感せざるを得ないルックが続き、ファッションではなく単純にショーを見世物として楽しませてくれた。
 

モデルの多くは路上キャスティングで声を掛けた一般人とのこと。より現実的な光景であるにも関わらず、極めてモードな印象を受けたのは、デザインの良さか人気の波か、現状では定かではない。

彼等の人気が下がり始めたとしても、その面白さや新鮮さをどれだけ維持できるだろうか。急に上がったものは急落しやすい。その時こそブランドが本当の価値を養う時。

フーディやジャージだけでなく、新たなシグネチャーを作るべく次のステージへと登ろうとする彼等の意思が明確に現れたコレクションだった。


 

Vetements