待望の『GUCCI DIY』日本上陸

Hbs gucci dionysus diy bag 2016 cover

イタリアのブランド『GUCCI(グッチ)』によるカスタマイズプログラム『DIY(Do It Yourself)』が2017年2月1日より、グッチ青山で開始した。

ファブリックやカラーなどの基本的な部分からボタンやパッチなどの装飾まで自分好みに選べる。さらにはイニシャルが入れられるパーソナライズサービスも。

 

GUCCI DIYとは?


『GUCCI DIY』はクリエイティブ・ディレクターを務める『Alessandro Michele(アレッサンドロ・ミケーレ)』が愛するパンクカルチャーの思想を反映したカスタマイズプログラム。

昨年5月にミラノのモンテナポレオーネ通りのフラッグシップストアで始動した、『GUCCI』のアイテムに自分だけのタッチを加えられるサービスだ。

アレンジできる範囲はアイテムによって異なるが、マテリアルやカラー、刺繍などを自分好みに選ぶことができ、現在はメイド・トゥー・オーダープログラムへと拡大を続けている。

 

ブランドの元祖らしい高品質なバッグ


『GUCCI』と聞いてまず思い浮かべるのはバッグではないだろうか。


DIY BAG

出典:http://www.lifestyleasia.com/470082/express-yourself-guccis-dionysus-diy-project/


2015-16秋冬ウィメンズコレクションから、ブランドのアイコニックバッグの仲間入りを果たした「DIONYSUS(ディオニュソス)」をキャンバスにトリムやエンブロイダリーなどの装飾を選ぶことができる。

ところで『GUCCI』は商品の素材や品質へのこだわり、そして品質保証の意味も含め世界で初めてブランド名にデザイナーの名をそのまま使用したブランドということはご存知だろうか?

商品の素材や品質へのこだわりは、当時から受け継がれており、このようなプロジェクトのポップなデザインのアイテムにも素材や品質にこだわっている。

トリムにはレザー、クロコダイル、パイソン、スエード、とハイブランドらしいマテリアルを用意。また、パッチには、バタフライやピオニー(シャクヤク)などエッジの効いた動植物が。

 

個性派カスタマイズならウェア


近年、以前より力を入れているように見え、若者人気も上昇している『GUCCI』のウェアだが、このプログラムでもメンズやユニセックスのウエアがラインナップする。

メンズではトレンディーなジャケットやクラシカルなブレザー、タキシードなどデイウエアとイブニングウエアの両方のアイテムを展開。

ファブリックとカラーバリエーションを選んだ後、さらにアレンジを加えられる。

また、ユニセックスアイテムではボンバージャケット、レザージャケット、デニムジャケットなどが登場。


GUCCI DIY Jacket

出典:https://hypebeast.com/2016/6/gucci-diy-customization-boutique


カスタマイズはファブリック、ボタン、パッチ、刺繍など幅広い種類からセレクトできる。

パッチや刺繍には、キングスネークや、フラワー、ビーなど、ミケーレの遊び心溢れる世界観が表されているブランドのアイコニックなモチーフを用意。

シャツのカラーやカフにワンポイントとしてはもちろん、ジャケットの背中に大胆に施すことも可能。

 

さりげなくイニシャルを入れるオリジナルシューズ


GUCCI シューズ 
出典:https://theknockturnal.com/gucci-diy-service/

メンズとウィメンズのシューズも豊富な素材とカラーバリエーションでカスタマイズできる。

レトロなホワイトレザーのロートップ『エーススニーカー』やドレッシーなスリッパのような『レイクタウン シューズ』など、ブランドの人気アイテムが揃う。

靴によってはアッパーにホースビット、イニシャルスタンプ、同ブランドのジュエリーラインで人気を誇るタイガーヘッドを付けることができる。

また、イニシャルの刺繍や、インソールへのイニシャルスタンプの刻印を施すパーソナライズも可能。『GUCCI』を代表するシューズにさりげなく自分だけのタッチを入れる人も多い。

カスタマイズされたシューズはDIYプログラム限定デザインのパッケージで提供されるそうだ。

 

日本でもオーダー可能に!


GUCCI DIY
出典:http://www.fashionsnap.com/news/2017-01-31/gucci-diy-comes-to-japan/


『GUCCIi DIY』が利用できる日本初店舗となるのはGucci青山店。

ブティックの2階に設けられる専用のスペースはミケーレの新しいストアコンセプトに基づいてデザインされている。

あなたも自分だけのアイテムを作りに行ってみては?