EVERLANE(エバーレーン)のインスタ活用方法から見る透明性とブランディング

Everlane
今や私達にとって欠かせない情報源となったSNS。特に、instagramを利用してファッションの情報を収集したり、自分のコーディネイトを発信している人が増えている。

ブランド側はそれをうまく活用してブランディングをいかに確立して行くかが重要だ。今回は、アメリカLA発のファッションブランド”EVERLANE"(エバーレーンの非常に巧妙なインスタ活用テクニックを紹介。

フォロワーの心を掴み、ブランドの人気に直結する秘訣に迫る。そこにはインスタグラムを用いてリアルな製作の様子をオープンに見せるクリアな作り手と消費者の交流の場が広がっていた。
 

instagram ストーリーズの活用




エバーレーンはとにかくインスタグラムの使い方が上手い。

というのも、インスタのストーリーズ機能を用いて毎週火曜日に公式アカウントで定例として行っている”Transparency Tuesday"がいわゆる質問コーナーのようで、とても面白みがある。

”Transparency Tuesday"では、フォロワーから質問を募集し、その日中にストーリーズで答えていく。ストーリーズ機能は24時間で消えるからこそ普段の投稿よりライブ感があり、気軽に発信できるのが特徴だ。

その”お手軽感”のあるストーリーズを”Transparency Tuesday"と題した作り手と消費者の交流場として活用しているのは非常に現代のSNS時代にマッチしている。

ここで、いくつか実際に寄せられた質問とそれに答える様子を紹介しよう。
 

Q: When are you launching new bags? (新商品のバッグ、いつ出るの?)

A: We are launching a pretty incredible new bag around August, so stay tuned.(かなりイケてる新しいバッグを8月あたりに発売する予定だから、要チェックしてて。)


これは新商品情報の発売時期に対する質問。”Transparency Tuesday"担当の女性スタッフがこの質問に答えるべく、バッグ開発担当のスタッフに聞きに行く。

オフィス内で働いているスタッフにカジュアルに話しかける様子が、なんだか製作の裏側を見ているようで新鮮であり、そのオープンさに好感さえも持てる。
 

Q: Can we see some sneak peeks of the clean cotton launching next week? (来週発売の、クリーンコットンシリーズ、こっそり見せて!)


こちらは新商品の情報に対するsneak peek(=情報未公開のものをチラ見すること)。エバーレーンはほぼ毎週のように新商品を発売しており、それを楽しみにしているファンも多い。

"Transparency Tuesday"では新商品の色味、デザインの一部をsneek peekでちらっとだけ見せてくれる。そんなエンターテイメント性もある商品情報公開によって、ファンの注目をガッチリ掴む。
 

徹底された透明性が成功のカギ

 

エバーレーンといえば、徹底された透明性がブランドの特性だ。製造過程や原価、製造工場の現場の様子などを公開するスタンスが非常にクリアで信頼がおける。それに加えて、いまの時代はSNSの浸透によって企業側も隠し事がしづらく、時には隠したい部分でさえも浮き彫りにされてしまう。

そんな時代だからこそ正々堂々とオープンスタンスで内部を公開するエバーレーンは時代のニーズに合ったブランドと言えよう。
 

ソーシャルコンシャスなファッションアプローチ

 

現代のアメリカの若者(いわゆるミレニアル世代)の中では社会的な問題へ考慮し、消費するにあたって生産背景を気にかけている人が多く見られる。ファッションへ対しても、動物愛護の精神から毛皮アイテムは身につけない、プラスチックゴミによる環境問題への影響を気にする若者は増えている。

エバーレーンもソーシャルコンシャスなブランドの1つであり、最近になりブランド公式インスタアカウントで大々的にエバーレーンの新しい取り組みとしてプラスチック削減計画を打ち出した。

日本での発売はまだ未定だが、エバーレーンは10月24日にペットボトルから再利用した新素材を使用したアウターを発売予定だ。

常に新しいことをテンポよく、そして私たちの生活に寄り添って行う現代に合ったブランド、エバーレーン。SNSをうまく活用してこれからもファンの心を掴む。

今回紹介したエバーレーンの人気の理由は、SNSを通した消費者への裏表のない透明なアプローチ、話題性を呼ぶ情報展開、社会的問題へ配慮された取り組みにあった。

ファッションのメイン情報媒体としてのSNSをうまく活用することが今後のファッションブランドの成功への近道かもしれない。