【New York FW Women / 17-18AW】Day2 サブカルチャーと音楽が交差し、ファッションと新たな関係性を築く

1486759036

最低気温-8度スノーストームの警報とともにニューヨーク・ファッションウィーク2日目を迎えた。

サブカルチャーにインスパイアされたコレクションを発表したNicholas K(ニコラスK)、ADEAM(アディアム)、Desigual(デジグアル)はそれぞれの視点とブランドの強みを生かした服づくりの技で、個性が際立った。

ロックやヒップホップなど、音楽とファッションとの距離はますます近付いているように感じる。

ファッション×アートとのコラボレーションはもはや珍しくなくなったが、音楽という目には見えないエフェクトを加えて、コレクションの世界観を表現している。

昔からショーに音楽は欠かせないものではあったが、その関係性は確かに変化しているようだ。

 

 
Nicholas Kのショー会場は、90年代ヒップホップミュージックとともに熱いビートを響かせていた。
 
ファーストルックは黒ヒョウ柄のタートルネックニットに、ゴールドのタイトスカート、トレンチコート、ベレー帽とパンチの効いたモダンなB系スタイルといったところだろうか。
 
大胆なカッティングを加えたレザー素材のドレスや太もも深くまで伸びるメタリックのブーツなどストリートとグラマラスを掛け合わせた、女性らしいモダンなスタイルを提唱した。
 
他者を寄せ付けないオーラを放つ強い女性像が印象的だったが、中盤以降はベージュやグレーのカラーが中心となり、ナチュラルで温かい優しさを感じるスタイルが見られた。
 
コレクションを統括していたのはデザイナーのNicholasか得意とする美しいドレープ。90年代のパワフルな勢いが、Nicholas Kを後押しする。

 

 
同じ90年代でも、場所が変われカルチャーも違う。ADEAM(アディアム)は90年代の原宿をインスピレーション源に、ゴシック&ロリータの要素を加味した大人のフェミニンを提案。
 
パフスリーブやコルセットを再構築し、ロング&リーンなドレープと合わせてモダンへと昇華して見せた。エドワード調やビクトリア調の手作業の刺繍に着目し、シャツドレスやアウターにプラスした。
 
フリルやキャスケードといった究極のフェミニンに、レース素材やアシンメトリーのバランスでゴシックなスパイスを。           
 
ボリュームを出す部分と締め付ける部分、露出とレイヤードなど、相反する要素を1つのルックの中でマッチさせ、エレガントなフェミニンへと落とし込んだ。
 
極めてフェミニンではあるが、子供っぽさとは無縁で、自分の足でしっかりと立つ自立した大人の女性像が浮かび上がった。
 
デザイナー前田華子の高いクリエーションによって、メンズライクなアイテムは用いずに、女性の“強さ”を表現したコレクションに仕上げた。
 
ショーを締めくくったのはシシドカフカのロックで迫力のある生ドラム演奏。会場は、外の雪を溶かすほどの、熱い熱狂に包まれた。
 

 

 
Desigual(デジグアル)は90年代よりもさらに遡り、60年代、70年代、80年代のサブカルチャーから着想を得た。
 
タータンチェック、フラワープリント、アニマルプリントなど多岐にわたるプリントをミックスさせてエネルギッシュなコレクションに仕上げた。
 
ヒッピーテイストなヴィンテージ調の刺繍がミリタリージャケットやライダースジャケットに施され、メンズライクなアイテムをガーリーに華やかに彩った。
 
“EXTRAORDINARY”をテーマに掲げた通り、あらゆるアイディアの掛け合わせによって、普通ではない特別な世界観を生み出した。
 

  

Creatures of Comfort(クリエイチャーズ・オブ・コンフォート)のショー会場は森林の中のように緑に包まれていた。デザイナーのJade Laiはアウトドア派ではなく経験はないものの、“キャンプ”をコレクションテーマにしたと語る。
 
機能性だけを重視した野暮ったいキャンプ服を、都会的でラグジュアリーなアウトドアスタイルへと落とし込んだ。
 
アルミ箔を積層して作る金属糸で編まれた光沢のあるガーメントが、ドレス、トップス、カーディガン、ソックスに多様された。
 
ワークユニフォームを彷彿とさせるつなぎも、ベルヴェット素材と胸元のカッティング、独特のパターン構成によってエレガントなアイテムへと変貌した。
 
最後のルックで登場した“we are all human beings”と書かれたTシャツは、ショー後すぐに公式オンラインストアで販売開始。
 
シンプルながらも力強いメッセージは現代をに向けて、前向きな方法で発信された。
 

FUKROOのアプリを
今すぐ無料でダウンロード!

Loading...

Loading...

Loading...