Burberry(バーバリー) 新作コレクションを体感 ”Maker’s House”

1488638880
2月に行われたBurberry(バーバリー) AW17コレクションのショー会場となったロンドンのソーホー地区にある建物。“Maker’s House(メーカーズ・ハウス)”と称した同スペースでは、ショーに加えて、2月21日(火)から27日(月)まで、新作コレクションのインスピレーション源でもある英国を代表する芸術家ヘンリー・ムーアの作品を展示した大規模なエキシビションが開催された。

今回で2回目となる“Maker’s House”。8つのブースから構成されており、このエキシビションを通してBurberry AW17コレクションをより深く、より身近に感じられる構成となっていた。

また、世界で初めての公開となるヘンリー・ムーアの作品も展示されており、見応え抜群のエキシビションを今回は徹底的に紹介。


 

1. THE POSTER GALLERY




世界中から集められた60年に跨がるヘンリー・ムーアによるエキシビションのポスターを展示。



2. THE CAPE REMAGINED






新作コレクションで登場した78体のクチュールマント。
大きく編み込まれたマントからいくつもの虫眼鏡で作られた繊細なマントなど78体にも及ぶ貴重な作品を目の前で鑑賞できる。


 

3. RUNWAY PRESENTATION




新作コレクションのメンズ、ウィメンズ共にランウェイに登場した全ルックを展示。

 

4. THOMAS'S




ロンドン、リージェントストリートにあるBurberry旗艦店に併設されているカフェが、エキシビション期間中ポップアップショップとして登場。新鮮なBritish foodやDrinkを提供。



5.HENRY MOORE: INSPIRATION&PROCESS






英国を代表する芸術家ヘンリー・ムーアの制作プロセスやインスピレーション源、巨大なスカルプチャー(世界初公開の作品を含む)などを展示。



6. BURBERRY INSPIRATION ROOM






新作コレクションの制作風景や技術などコレクション制作の背後を垣間見ることのできる展示。
ラフスケッチや写真、素材などファッションを学ぶ人にとっては特に見応えのあるブース。



7.WORKSHOP




日替わりで行われるワークショップのブース。サイトに随時ワークショップの情報が掲載されており、誰でも参加可能。ロンドン郊外のペリー・グリーンにあるヘンリー・ムーアのスタジオや庭をバーチャルリアリティで体験できるブースも。


8.PORTRAIT STUDIO




まるでヘンリー・ムーアのスタジオのようなセットを背景にポートレート撮影をしてもらえる。撮影してもらった写真は即時プリントされ、お土産として持ち帰れる。
 


ヘンリー・ムーアの作品を服へと落とし込んだら



ファーストルックで登場したBurberryのアイコニック的スタイルでもあるトレンチコート。こちらはバタフライと題された彫刻からインスパイアされた。ざっくりと胸元まで開いた襟や、丸みを帯びたシルエット、指先まである長めにデザインされた袖が特徴的。



ポイントと題された彫刻からインスパイアされたシューズ。つま先のデザインとヒール部分のシルエットがヘンリー・ムーアの世界観と繋がっている。



新作コレクションで多く登場したブルー、ストライプルック。こちらはヘンリー・ムーアが愛用していたエプロンからインスパイアを受けたもの。職人の使うエプロンがBurberryの手にかかるとここまでも洗練されたスタイルに。


まるでテーマパークのようなこの大規模なエキシビションは何時間いても飽きない。これからこの一部が東京を含む、いくつかの各都市に展示される予定である。ぜひ、Burberryの世界観を体感してほしい。

 

【公式ホームページ】https://show.burberry.com/jp/feb-2017/makers-house/


 


FUKROOのアプリを
今すぐ無料でダウンロード!

Loading...

Loading...

Loading...