【Amazon Fashion Week TOKYO 2017 A/W Day1】東コレ開幕! トップバッターは初参加の5-knot、アマゾンの仕掛けは成功するか?

1490022651
 

3月20日(月)より開幕したファッションの祭典「Amazon Fashion Week TOKYO 2017 A/W」。 初日は、初参加の「5-knot(ファイブノット)」や東京コレクションではベテランの域に達したとも言える「DRESSEDUNDRESSED(ドレスドアンドレスド)」、「Ujoh(ウジョー)」などがコレクションを発表した。また、アマゾンジャパンが冠スポンサーを務めて2シーズン目となる今回は、ショーで披露したアイテムが終了後にすぐ買える「See now,Buy now(シーナウバイナウ)」や、同社が新たに立ち上げたECプラットフォーム「AT TOKYO(アットトウキョウ)」とのEC連動にも期待が集まる一週間となりそうだ。

 

5-knot(ファイブノット)





「旅とヴィンテージ」をコンセプトとする同ブランドのデビューショーは、モロッコのリヤドという人気の宿泊施設で出てきた“ザクロ”がインスピレーション源になったという。

記念べきファーストルックは、そのザクロモチーフの赤いニットにヴィンテージ感漂うデニムとチュールスカートのレイヤードスタイル。コレクション全体を通してザクロモチーフのプリントや刺繍の他、チュールを使用したルックが随所に見られ、どうしても重たい印象になってしまう秋冬シーズンの着こなしに軽さを加えた。

また、長い袖を活かしたレイヤードやラインパンツ、肩を落としての着こなしなどのトレンドも程よく取り入れ、より一層リアルクローズに近づけた親しみやすい雰囲気が印象的であった。





 

DRESSEDUNDRESSED(ドレスドアンドレスド)




今季は特にテーマは設けず、現代を生きる上でもはや避けられなくなったとも言える「SNS」に焦点を当てたコレクションを披露。

SNS上で自分を「さらけ出しているけど隠れたい、隠しているけど出したい」という感情や葛藤、繋がっているけど時として感じる孤独感を服に落とし込み、ファーストルックに登場したフルフェイス、オーバーサイズだが袖をカットすることで手をあらわにしたシャツやコートなどで表現した。

その他にも、アウターとパンツに開閉可能なサイドスリットを多用することで、自由に出す、隠すを選択できシルエットを変化させるアイテムで、前回よりも性差のないルックが特徴的であった。





 

tiit tokyo(ティート トウキョウ)





テーマは「hers」と題し、過去に想いをはせながらも前へ進む様子を表現した。

1979年のアメリカを舞台にしたSF映画『SUPER8』からも着想を得て、作品の世界観や少年達が少ない知識の中で勇敢に行動を起こすことの大切さなどを基にしたという。

ルックは、レトロ感のあるチェック柄やトロンプルイユ、ツイードジャケットなどでどこか懐かしさを漂わせつつも、幼すぎず上品さも兼ね揃えた女性像を演出。

また、今季のキーアイテムとなったのは“リボン”だ。

リボンが付属された招待状には「よろしければ付属のリボンをお好きなスタイリングで身につけてご来場ください」と書かれ、そのリボンはショーに登場したアイテムだけでなくバックステージのスタッフまでもが一緒に身に付けることで、会場がひとつに繋がるような一体感を生み出したいという想いが込められた。




 

Ujoh(ウジョー)





今回のコレクションを作るに当たってデザイナーの西野には「壊す」というキーワードが芽生えたという。

それは決してネガティヴな考えではなく、持ち味のレイヤードスタイルを進化させる為に必要不可欠なことだ。

それを体現するかのように、ユニークなカッティングやバランス感に加え、袖に空きを作りそこから裏地やシャツのフリルを出したり、スニーカーとローファーがドッキングしたようなアイテムを提案するなどの新たなチャレンジを披露。

また、カラーパレットは全体的にダークトーンでありながらも、時よりドットやぺイズリー柄、パステルピンクでアクセントを添えた。

ショー後のインタビューでは、これまでミラノやパリでの経験と手応えを踏まえた上で、海外進出を本格的に視野入れたいという想いを打ち明けていたのが印象的であった。

定かではないが、もしかしたら今回がウジョーにとって最後の東京コレクションになったのかもしれない。







 


FUKROOのアプリを
今すぐ無料でダウンロード!

Loading...

Loading...

Loading...