なぜ、ケイスケヨシダはもがき続けるのか? -第2話- / U-29クリエイターズファイル

1478734157

新連載企画「U-29クリエイターズファイル」

各方面において自身のクリエイションを発信する20代の若きクリエイター達を紹介する企画

第1回目は、現在25歳(1991年生まれ)でKEISUKEYOSHIDA(ケイスケヨシダ)のデザイナーである吉田圭佑に話を伺った。

第1話の記事はこちら。

 

“カッコよくなりたいと思う瞬間”を服作りで表現したい。





エスモードでデビューコレクションを作っていた時、僕は既にパタンナーさんを付けて、工場とのやりとりをしながらコレクションを作っていました。

ケイスケヨシダというブランドを始める時に、「自分の根幹は何か?」って問いただした時に、当時ファッションに出会った時、環境が辛かったりして色々ともがきながらもファッションが純粋に楽しかったことと、モードへの憧れの2つだということに気づいて、当時の“カッコよくなりたいと思う瞬間”を服作りで表現したいって思ったんです。

それを踏まえてできたコンセプトが「明るいのか暗いのかわからない青春の空気と、そこにいる彼らの装い。」です。

今振り返ってみると、エスモードの卒業ショーで発表した2015年秋冬コレクションが自分の中で一番好きなコレクションかもしれません。

あの時ほど1つのコレクションの中で色んなデザインの仕方を取り入れたのはないし、全てが手探りで新鮮でした。

粗削りだけど、我ながら何か惹きつけられるコレクションだなって思います。

 

話題になった“ゲーマールック”は2016年春夏で最初にデザインしたもの。





Twitter上で2,000リツイートを超えて、世間から大きな反響を呼んだ2016年春夏コレクションのファーストルックは、あのシーズンで最初にデザインしたルックです。

というのも、最初の3シーズンはファーストルックにそのシーズンの“精神性を象徴するもの”を出したいと思って構成していたので、あのルックは最初にデザインしました。

2016年春夏は、東京コレクションのランウェイという場で「いかに若い普通の子達を普通に見せるか」というテーマで服作りをしていました。

あの半袖ネルシャツの下から長袖スウェットを出したルックは、当時ファッションに全く興味がない14、5歳の子が、何も情報がない中で自分が純粋にカッコいいと思って選んだ服をイメージしました。

そういう周りのトレンドとかに流せれず、ただ純粋に自分がカッコいいと思う服を着ることが、ファッションの本質なんじゃないかって思って、それを彼らの装いで表現したかったんですよね。

結果、予想以上に多くの共感を得られて良かったですし、自分の中でも良いコレクションになるんじゃないかなってのはありました。
 

レディースのみで構成した2017年春夏はあくまでチャレンジ。刷新したわけではない






2016年秋冬コレクションは、自分の中で2016年春夏の延長線上で作ったコレクションで、決して悪いとかではないんですけど全然チャレンジしてないなって思ったんです。

その想いも踏まえて、2017年春夏は「全力で期待を裏切りたい、ブランドとして次のステップへ行く為のチャレンジをしたい」って強く思いまいした。

そうなった時にメンズもやらなければ今までのモデルも使わないという結論に至り、レディースとユニセックスで構成されたショーを発表することにしました。

それに、僕が得意とする“等身大のカジュアルスタイル”をモードに近づける為には、レディースの方が適しているのかもしれないと思ったこともあります。

レディースって自分では着ないからメンズをデザインする時に生じる好みや恥じらいみたいなものを捨てて、良い意味で無責任にできるとも思いました。

あくまで今回のコレクションはチャレンジの1つであって、今までの3シーズンをなかったことにしてブランドを刷新するということではありません。

今までの3シーズンで培ったブランドの核の部分は残しつつも、斜め上を目指した方が新鮮だと思ったし、ショーを見てくれた方に「次のステップへ行くよ」っていう態度が伝わればいいなって。

今回は、僕自身にとっても今後のブランドの方向性に気付けたコレクションでしたし、次のステップへ行けるなって自信が持てましたね。

そういった意味でも今回はチャレンジして良かったですし、チャレンジしないと見えない景色ってやっぱりあるんですよ。
 

なぜ、ケイスケヨシダはもがき続けるのか? -第1話-


なぜ、ケイスケヨシダはもがき続けるのか? -最終話-


 



FUKROOのアプリを
今すぐ無料でダウンロード!

Loading...

Loading...

Loading...