前衛派デザイナーマルジェラによるエルメス時代を振り返る大回顧展「マルジェラ:ザ・エルメス・イヤーズ」

1494438820

1990年代に新しいモードの波としてファッション業界を席巻した"アントワープの6人"のひとりでもあるマルタン・マルジェラ(Martin Margiela)。

彼の提案した衣服の再構築・再定義、ショーのスタイルなどコンセプチュアルな手法は、ファッションの歴史に大きく影響を与えた。

マルジェラが「エルメス(HERMES)」のウィメンズ・アーティスティック・ディレクターを務めていた時代をフィーチャーする展覧会「マルジェラ:ザ・エルメス・イヤーズ(Margiela: The Hermes Years)」が彼のルーツでもあるベルギー、アントワープではじまった。

 

マルジェラ:ザ・エルメス・イヤーズ








同展ではマルジェラがディレクターを務めた1997〜2003年の「エルメス」の作品をブランドのアイコニックカラーでもあるオレンジの壁に、自身のブランド「メゾン マルタン マルジェラ(Maison Martin Margiela 現メゾン マルジェラ)」を白の壁に分け展示し、比較しながら鑑賞できるように構成されている。

「シルエット」「レイヤー」「レザー」「イブニング」など14のテーマに分けられ、イントロダクションとそれぞれのテーマに関連したエルメスの作品とメゾン マルタン マルジェラの作品が展示され、彼の考える世界観を2つの相反するブランドのフィルターを通して彼によってデザインされた服、映像、当時の新聞や雑誌からの関連掲載記事や、起用モデルの写真を並べたキャスティング・ボードを交え多くの作品から垣間見えることができた。

 

マルジェラによるエルメス





1997年、前衛と脱構築の服作りをするデザイナーとして当時評価されていたマルジェラ。

当時全く世界観の異なる老舗メゾン エルメスのウィメンズ・アーティスティック・ディレクターに就任し、多くの人びとはマルジェラによってエルメスがどう変貌を遂げるのか大きな注目を集めたであろう。

彼はプリントものを使わず独自のモノクロームのカラーパレットを使用すること、そしてメゾンきってのアイコニックな商品であるプリント・スカーフについて、マルジェラはエルメスに、「デザインしない」と条件を出したという。

大きな注目を集める中で発表されたエルメスでの自身初のコレクションとなった1998年秋冬で、ベージュやキャメルといったナチュラルな配色の、セーラー服からインスパイアされた深いVネックが特徴的でもあるエレガントな服を発表した。

モデルは自身のブランドと同様にプロではない幅広い年代の一般人を起用した。

 

エルメスそしてメゾン マルタン マルジェラ

 

Maison Martin Margiela S/S 2009, Photo: Giovanni Giannoni; Hermès S/S 1999, Photo: Studio des Fleurs



同展のキュレーターを務めるカレン・ヴァン・ゴツェンホーヴェン氏はマルジェラのデザインするエルメスと彼自身のブランドについてこう語った。

 

「調査を進めれば進めるほど、対極にあるかのように見えたふたつの世界が、実はやはり、ひとりの人間が同じヴィジョンのもとに異なる方法で表現していたのだとわかってきました。メゾン マルタン マルジェラでは、ライニングに使う生地をほかで使ったり、つまみ縫いの技術を駆使したりと、それまでは隠すことが当然とされてきた職人の技巧の結晶を意図的に外に見える形で配しています。一方のエルメスでは、世界最高峰のアトリエを与えられ、職人の技巧は最高級だったわけですが、彼らの技巧は、外に見えない形で用いられました。日本スタイルとでもいうべきか、ラインは極めてミニマルにデザインされていたのです。ひとりの名士が、同じ要素を用いて異なった表現をした、ということです。」 (i-d.vice.comより)



マルジェラの手掛けるエルメスは老舗メゾンの伝統を引き継ぎつつも、彼のスピリットを取り入れ新たに洗練されたデザインへと変貌を遂げた。

まるで相反する2つのブランドという認識であったが、比較して鑑賞していると共通した思想のもとにデザインされたものであることが明確に感じられた。

また、モードミュージアム ディレクター兼キュレーター・イン・チーフのカート・デボはマルジェラをいまフューチャーすることに対し、『ヴェトモン(VETEMENTS)』と『バレンシアガ(BALENCIAGA)』を手掛けるデムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)や『セリーヌ(CELINE)』のフィービー・ファイロ(Phoebe Philo)など多くのデザイナーに影響を与えていること。

そして彼の女性に対する尊敬や、女性の権利の保護が社会的に注目されている時流にマッチしていることえを理由に挙げた。

ファション史に大きな影響を与えたマルタン・マルジェラの功績を間近で観れる展覧会は8月27日まで開催中だ。
 

Margiela: The Hermes Years
2017年3月31日(金) 〜 8月27日(日)
https://www.momu.be/



FUKROOのアプリを
今すぐ無料でダウンロード!

Loading...

Loading...

Loading...