EDITOR'S PICK / イベント『Fear of GodのポップアップがLAにてオープン』

Fear of god pop up los angeles maxfield 13

ストリートカルチャーシーンを基盤にハイエンド同等なブランディングを実現させ、今や『Kanye West (カニエ・ウエスト)』のクリエイティブチームの一員としても活躍するファッション界のカリスマ的存在『Jerry Lorenzo (ジェリー・ロレンゾ) 』が展開するブランド『Fear of God (フィア・オブ・ゴッド) 』が、先週ロサンゼルスのMaxfield Galleryにてポップアップショップをオープンした。

出典:https://hypebeast.com/jp/2016/11/fear-of-god-pop-up-los-angeles-maxfield

この数年ストリートファッションシーンが巻き起こすファッションマーケットの変化がある。それは現代のファション界で「ストリート」の存在価値の大きな変化が影響している。『Fear of God (フィア・オブ・ゴッド) 』は今、その影響を最も与えるブランドともいえるだろう。ストリート、ロック、スポーツ、モードをも取り入れたジャンルレスなスタイルを提案し、厳選されたマーケット展開とハイエンドレベルのクオリティの追求は、新鋭なストリートxハイエンドとして評価され、多くのデザイナーやファッションアイコンを感化しているのだ。

出典:https://hypebeast.com/jp/2016/11/fear-of-god-pop-up-los-angeles-maxfield

そんなロレンゾのポップアップだからと、周囲からの期待のハードルは高かったに違いないだろう。それにも関わらず、誰もの予想を遥かに越えたサプライズがそこには存在する。彼の祖父母の家からインスパイアを受けたという今回のポップアップ。本来ハイエンドショップであるギャラリーが見事にオールドスクールな雰囲気の部屋に化け、部屋の真ん中にはロレンゾ自身のヴィンテージFORDトラックを構えたのだ。

出典:https://hypebeast.com/jp/2016/11/fear-of-god-pop-up-los-angeles-maxfield

ラックには『Readymade Japan (レディメイドジャパン)』とのコラボTシャツ、定番のチェックフランネルシャツ、ブラックデニム、ボンバーなどが並び、壁には80-90年代のヴィンテージのロックポスターや『Never Gonna Turn Down Again (ネバーゴナターンダウンアゲイン)』とカスタムメイドしたバンドTシャツなどが飾られている。「僕のつくるものは全て身近にあるもの——それが僕の使う魔法だね。」(引用:esquire.com) まさにそう語ったロレンゾの世界観を感じられる空間である。

ポップアップにはScott Disick (スコット・ディジック), Nicky Diamonds (ニッキー・ダイアモンド)、Nick Young (ニック・ヤング)、 Chris Brown (クリス・ブラウン)なども訪れ、大きな話題となっている。

FEAR OF GOD POP UP
住所: Maxfield Gallery 8818 Melrose Ave, Los Angels, USA
開催日程:11月4日 ~ 12月1日

Asa Maiko Legay

この記事を書いたユーザー

FUKROO 編集部

FUKROOはファッションに特化したソーシャルキュレーションメディア