『Night Nation Run』 経験を求める私たちの音楽フェスタ

1496613981


6月3日ニューヨークのブルックリンで、今年もまた『Night Nation Run』 が開催された。

ニューヨークを始め、世界の50都市以上で行われる。

最高の『エレクトロ・ミュージックライブ』、『5キロのランニング』、そして『癌患者へのキャリティー活動』のすべてを一つにした、最高に盛り上がるフェスティバル。
 
前売り券は$29.99~で、イベントの入場券/T-シャツ/蛍光のネックレスも含まれる。

8歳以下は無料で参加できるため、子ども連れの家族や20~30代が多く参加している。

全世界で百万人もの参加者が、癌に立ち向かうチャリティー活動に、音楽とランニングを通してサポートしている。

https://nightnationrun.com/

 

<当日のスケジュール>


5:30pm – Gates Open
チェックインをして、蛍光ライトやフェイスペイントをしてパーティー準備。

7:30pm – Pre-Party Begins
始めのDJが7:30pmに登場。走る前に音楽で、warm up。

8:30pm – The First Wave Starts 
5Kランニング、スタート。飲みながら走っても、スキップしても、歩いても何でもあり。

Course
ランニングコースには、DJやDancersのショーがあったり、セルフィ―できるフォト・ブース、そして蛍光ライトが無料で配られる。

Main Stage After Party
ランニングが終わると、最後にメインステージでDJ達のアフターパーティーが行われる。
子供から大人まで、みんな音楽に体を合わせて踊りまくる。

Official After After Party – @ Social Butterfly
ここからは、21歳以上が参加できる、“オフィシャル”アフターパーティー。
セレブなども登場し、会場を盛り上げる。


https://nightnationrun.com/

SU2C – Stand up to cancer(癌に立ち向かおう)というチャリティーイベント

 
 なぜアメリカには、こんなにもチャリティー・イベントが盛んなのか?

・チャリティー活動、寄付、募金は、税金控除の対象になるため、企業のスポンサーがつきやすい
・企業の宣伝に繋がる
・参加者を集めやすい


大企業がスポンサーにつくことで、イベント会場には、バーやフォトブース、DJやダンサーのオーディションも行われ大規模なキャリティー活動が可能となった。

その上アメリカの会社では、社員にボランティア活動に参加することを推奨している。

例えば休日、会社が提携するボランティア活動に参加すると、平日のその分の有休を使えるなど、工夫もしている。

今後もセレブリティーや大企業が、慈善活動と税金対策として、面白いチャリティー・イベントが増えるだろう。


https://allevents.in/kings%20county/night-nation-run/238912343111670

アスレジャーで参加しよう


ここ数年大流行のアスレジャー・スタイル。

*アスレジャーとは、アスレチック(運動)とレジャー(余暇)を組み合わせた言葉。
スポーツウェアの新しいスタイル。


ニューヨーク市内には、次々とアスレジャー専門店がオープン。

チャリティー・イベントは、ただお金を集めるのではなく、参加者も楽しめる様、ランニングなど体を動かせるイベントは参加率が高い。

そして企業以外にも、宣伝を目的とした、DJやダンサーたちも、アスレジャーで参戦。

みんなで飲んで、歌って、踊って、汗をかけるイベントこそが、経験を求める私たちの音楽フェスタ。


https://nightnationrun.com/#eventlocations


このイベントは、ニューヨークを始め、アメリカの都市やカナダ、オーストラリアでも6~11月頃予定されている。

実は日本でも、2016年5月に東京・新豊洲特設会場で開催された。

2017年は未定だが、日本でも行う際は、ぜひアスレジャーでフェイス・ペインティングをして、普段のストレスを吹き飛ばして欲しい。
 

https://nightnationrun.com/#eventlocations
https://allevents.in/kings%20county/night-nation-run/238912343111670



FUKROOのアプリを
今すぐ無料でダウンロード!

Loading...

Loading...

Loading...