​​​​​​​【新進デザイナー#1】 ファッション業界の“サステイナブル”先駆者、スニーカーブランド「Veja」 前編

1497703820


「服が売れない時代」と言われて久しいが、毎年世界には多くのファッションデザイナーが生まれている。

潮の満ち引きが激しい業界ではあるが、それでも尚ファッションに夢見て、ファッションを通して自身の想いを発信しようとするデザイナーは多いのだ。

【新進デザイナー】の連載では、独自のコンセプトを武器に荒波のファッション業界に挑む、注目株のデザイナーのリアルな声を訊く。

第一回目はパリを拠点に活動するスニーカーブランドVejaの創業者。

今では当たり前のように耳にする”サステイナブル”というキーワードを最初にファッションへと引用した、先駆者だと言われている。

Vejaの理念と美学、そして彼らのゴールとは。

創始者2人は当時24歳のミレニアルズ


僕たち二人の出会いは中学生の時。当時はただの友人だったのが大学で親友になり、今ではビジネスパートナーであり兄弟のような存在です。
 
中高大と進み、環境問題や開発経済といった事柄に関心があり、同じ方向を向いていました。
 
大学を卒業したらニューヨークにある銀行でインターンをしたんですが、二人とも「これは本当にしたいことではない」と感じていたんです。
 
そして、もっと根本的なことに取り組まないと世の中をよくできないと思うようになり、二人で社会事業を学ぶために一年旅に出ました。
 
その時に出会ったのが、今も取引を継続しているブラジルのオーガニックコットン農家とゴム農家の人です。
 
自らの手と足を使ってアマゾンの密林の中、自然に自生するパームツリーから採取していて中間業者をカットして直接取引することで、正当な価格で販売することができる。
 
さらに、そのゴムも自分たちで精製することで精製業者を挟む必要もない。
 
無駄なコストをかけずにフェアトレードで市場に出すことができ、農家にも正当な労働条件で高い賃金を支払うことができる。
 
Vejaを立ち上げて今年で12年目になりますが、年に一回以上は彼らの元を訪れて、直接コミュニケーションをとることにしています。
 
そうやって人間関係を築いて、ともに成長していくことが重要だと考えています。
 
 


持続可能なエコフレンドリーな製造過程

 
年に一度か二度、新しいデザインを発表しているんです。
 
キャンパス地からレザー、さまざまな素材を用いたスニーカーを作ってます。
 
スニーカーに欠かせないゴムの素材は前途したブラジル農家からです。石油に由来する石油ゴムではなく天然ゴムを使用することで、森林伐採を防ぎ環境保護にも繋げています。
 
数年前に出したのは、100%リサイクルペットボトルから抽出したコットン生地のスニーカー。
 
食用魚の捨てられてしまう皮を生地として採用したものもあります。
 
定番で出しているレザー素材は、ヴィーガンレザーを使用していますが、まだ全ての素材がエコというわけではないし、まだまだ課題は山積みです。
 
大きな花を咲かせることよりも、しっかりと根を張らせることが僕らの目的です。
 
持続可能で長く愛されるものを作るには、時間もかかるしリスクもあるから少しずつ太くて立派な根に育てていくつもりです。





後編:地元から国へ、そして世界へ。スニーカーブランド「Veja」のゴール