画廊KOSAKU KANECHIKAで青木豊展「まばたきもせずに」が開催中

1499250657


東品川に所在する画廊KOSAKU KANECHIKAで、2017年3月の開廊から3回目の展覧会として、青木豊展「まばたきもせずに」を開催中。 

青木豊(あおき ゆたか) 

1985年熊本県生まれ、現在は東京を拠点に制作しています。2008年に東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻を卒業、2010年同大学院造形研究科美術専攻領域修了。主な個展に「multiprime」(hiromiyoshii、2011)、「外の部屋 中の庭」(熊本市現代美術館、2012)、「Mouvements | ムーブマン」(sprout curation、2014)、主なグループ展に「絵画のありか」(東京オペラシティ・ギャラリー、2014)、「VOCA展」(上野の森美術館、2016)、「熊本市現代美術館コレクション展 形が変わることで見えるもの(見えないもの)」(熊本市現代美術館、2016)などがあります。作品は熊本市現代美術館、高橋コレクションにパブリックコレクションとして収蔵されています。


絵画を通して世界を認識すること、そして世界との関係で絵画というものを理解し、その可能性を追究すること。

青木豊は様々なアプローチをとりながらも、一貫してそれに取り組んできた。

Photo by Keizo Kioku  © Yutaka Aoki  Courtesy of KOSAKU KANECHIKA


平面と立体を混在させるインスタレーション、絵具を盛り上げて描いた山脈にスプレーで着色することで筆触を際立たせるシルバーのシリーズ、遺伝子構造をモデルに折り目をつけて開き、一方向から着色した紙のシリーズなど、二次元と三次元を自由に行き来するような作品を発表している。

視点を変えることで眼前に広がる景色が変化するということ、また特定のイメージを表象するのではなく、素材の物質性や制作方法自体、そしてそれらが互いにどう反応しあうか、そのプロセスが一枚のペインティングを成り立たせているということを示し、絵画の視野を広げるような制作活動を続けている。

本展ではシルバーのシリーズを中心に、新作のペインティング約15点を展示している。

Photo by Keizo Kioku  © Yutaka Aoki  Courtesy of KOSAKU KANECHIKA


Photo by Keizo Kioku  © Yutaka Aoki  Courtesy of KOSAKU KANECHIKA
 

    青木豊「まばたきもせずに」
会場:     KOSAKU KANECHIKA
        東京都品川区東品川1-33-10
        TERRADA Art Complex 5F
TEL:     03–6712–3346
展覧会会期:  2017年7月1日(土) - 8月12日(土)
開廊時間:   11:00 – 18:00(金のみ11:00 – 20:00)
        日・月・祝は休廊



FUKROOのアプリを
今すぐ無料でダウンロード!

Loading...

Loading...

Loading...