【新進デザイナー#5】”女性らしさ”の新たな概念を提唱する、ロンドンの新星Molly Goddard(モリー・ゴダード)(前編)

20170807 124010 main 06 tmag young designer v and a 5 1556465


「服が売れない時代」と言われて久しいが、毎年世界で多くのファッションデザイナーが生まれている。
 
潮の満ち引きが激しい業界において、それでも尚ファッションに夢見て、ファッションを通して自身の想いを発信しようとするデザイナーは多いのだ。
 
連載企画【新進デザイナー】は、独自のコンセプトを武器に荒波のファッション業界に挑む、注目株のデザイナーのリアルな声を届ける企画。
 
第五回目は、ロンドン一の期待の新星Molly Goddard(モリー・ゴダード)のデザイナー。
 
弱冠28歳の彼女は、ザ・ファッション・アワードの若手デザイナーの登竜門ブリティッシュ・エマージング・タレント部門に2度ノミネートされ昨年2度目に受賞を果たし、今年度のLVMHプライズのファイナリストにも選出された、
 
ファンタジーを語る絵本から飛び出してきたかのような、チュールとタフタがミックスされた華美で退廃的なドレスがブランドのシグネチャーだ。
 
しかし、本人は「フリルやチュールがついているからといってか弱いプリンセスを演じたいわけじゃない。女の子らしさが残っていても、力強くタフで大胆なアティチュードは共存する」と語る。
 
衣装ではなく洋服だと定義すべきMolly Goddardのコレクションは、ほぼ手作業で作られている。
 
技術やデザインは学校で学んだが、それ以上に自身でトレーニングを積み、ロンドンの芸術大学セントラル・セント・マーティンズ(Central Saint Martins)を2014年に中退しブランドを立ち上げた。
 
今回はデザイナーのモリー・ゴダードに、ブランド立ち上げから現在に至るまでの経緯、自身のブランドについて詳しく訊いた。





Q:Molly Goddardの洋服は一見フェミニンにカテゴライズされますが、ジーンズやスニーカーと合わせてスタイリングしている点においては、ただのフェミニンには落ち着かないというブランド像が見受けられます。自身のブランドを通して、どのような考えを表現するためにデザインを手がけていますか?

プリティやガーリーよりも、フェミニンという言葉に興味があります。

けれどそれは“可愛い”というこれまで概念とは少し違うんです。フリルのついたピンクの服でも、タフで力強い女性らしさを出すことはできるという考えが根本にあるからでしょう。

新しい女性らしさの概念=フェミニンを打ち出したいと思っています。



Q:例えば、Molly Goddardの洋服を可愛く着こなすのではなく、カッコよく着こなすといったような?

その通り。身に纏う洋服によって、気分やアティチュードが変化しますよね。

私の洋服を着た人には、プリンセスのようなスウィートな気分になるだけでなく、もっと潜在的な部分にあるアイデンティティと繋がり、居心地よくなって欲しいのです。



Q:具体的なスタイリングとは?

イブニングドレスのようなゴージャスな洋服でも、着崩して普段着として昼間に着ることだってできる。

むしろ昼に着飾って夜にカジュアルダウンさせたり、美しいだけではなく少し廃れた部分を持っていたり、かといって黒やグレー一辺倒で着やすいだけの服に終わらせたくはないんです。

異なる要素がぶつかり合ったり、予測できない着こなしで、ある種の女性らしさを表現したいのです。

私自身の普段着も大抵、ジーンズの上に自分が作ったドレスを着て、スニーカーといったスタイルばかりなんですよ。


 

More ️ @vogueitalia by @lottavolkova and @harleyweir

Molly Goddardさん(@mollymgoddard)がシェアした投稿 -


 

 
Q:ブランドの女性像を教えてください。

女性らしさがあって、自信に溢れていて、細かいことは気にせず気取り過ぎていない、面白い女の子かしら。

いつもショーやプレゼンテーションで起用するモデルはそういうタイプで、彼女たちの個性と混ざり合って服にも新しい側面が生まれる気がします。



Q:ターゲットにしている年齢層はありますか?

年齢によって服が制限されるは考えていません。

幅広い年齢層の女性像を念頭に置いてデザインしていて、特に2017AWのコレクションは誰でも着られる服を考えて手掛けました。



Q:単にスウィートなだけではないあなたの服は、ほぼ手仕事で制作されていますよね。熟練したクラフトマンシップを感じられますが、服作りやデザインはどのように学んだのですか?
 
セントラル・セント・マーティンズのニットウェアデザインで5年間学び学士を取得しましたが、修士過程を中退してブランドを立ち上げました。
 
学校でファッションを勉強したけれど、それ以上に自分で勉強し実践的なトレーニングを重ねました。
 
図書館へ行って、洋服だけではなく建築物やオブジェクトなどたくさんの画像を集めたり、買ってきた服を解体したり、さまざまなテクニックを調べることもトレーニングかもしれません。
 
トライアンドエラーを繰り返しながら、まだまだ技術は磨いていく余地があると思っています。



Q:学生時代にブランドを立ち上げたのですね。デビューコレクションからチュールやフリルを用いていましたが、なぜそれらをシグネチャーにしたのでしょうか?

ブランドの軸となっているフェミニンなデザインは、女の子向けのベビーや子供服から着想を得ました。

チュールを用いたのは、単に単価が安かったからです(笑)。

何層にも重ねることで違う風合いやカラーを生み出してくれるところにも惹かれましたね。




明日の後編に続く。。

画像引用:https://www.tjapan.jp/FASHION/molly-goddard




 



FUKROOのアプリを
今すぐ無料でダウンロード!

Loading...

Loading...

Loading...