ブルーハーツの「STICK OUT」を自分なりに解釈して、今作りたい服と一緒に表現しようと思いました。/ DISCOVERED(ディスカバード)デザイナー 木村多津也

1474609305


東京コレクション直前デザイナーインタビュー 第3弾 −DISCOVERED(ディスカバード)− 

年2回開催され、10月17日より開幕するファッションの祭典「Amazon Fashion Week TOKYO 2017 S/S」。

期間中は渋谷ヒカリエ、表参道ヒルズを中心に国内外約50ブランドのランウェイショーやインスタレーションが繰り広げられる。

今回、開幕直前のこの時期に注目ブランドのデザイナー達を直接取材し、今回のショーに対するテーマや見どころを聞いた。ぜひ、当日ショーを見る際の参考にしてもらいたい。



ーー今回の「テーマ」は何ですか? 

「STICK OUT」 

前回発表した2017年春夏のプレコレクションを、さらに色濃く反映させたメインコレクションを発表します。 



ーー「STICK OUT」をテーマにしたきっかけは何ですか?

1993年に発売されたブルーハーツの「STICK OUT」というアルバムがインスピレーション源となっています。

当時、自分が15歳位の時に聞いた時は、今までの曲と比べて落ち着いた感じかしてショックだったんです。

でも、2年前位に改めて聞いてみたら、歌詞とか内容がけっこう社会的なことを訴えていて凄いなと思いました。

それで、その曲を自分なりに解釈して、今作りたい服と一緒にディスカバードらしく表現しようと思いました。


 
ブルーハーツの「STICK OUT」(出典:http://www.amazon.co.jp)


ーーショーの見どころを教えてください

今回は、レイブ感が出るよう会場をクラブ仕様っぽくして、今までとは少し変わった演出となっています。 

また、一部アイテムには「ランポーニ」というスタッズを使用していて、青々しくも少しラグジュアリーな「ポストパンク、ポストモダン」を表現します。 


ーーショーに向けて意気込みをお願いします

皆さんよかったら見に来てくださいね。 

東京ファッションが最近元気ないと言われているので、ショーを見て少しでも面白いと思っていただける方がいたら嬉しいです。



2017 Pre-Spring / Cruise Collection。テーマの“STICK OUT”は「突き出る」と言った意味を表す。



 

DISCOVERED(ディスカバード)
2001年ブランド設立。デザイナーは木村多津也、吉田早苗。コンセプトは「Opposition mix up」。クラシカルからカジュアルまで幅広い独自の視点を武器に、リアリティかつオリジナリティ溢れるコレクションを展開。相反する要素の融合、ジャンルレスなデザインを東京で発表し続けている。

DISCOVERED Official Site 
http://www.discovered.jp



 


FUKROOのアプリを
今すぐ無料でダウンロード!

Loading...

Loading...

Loading...